2015年09月13日

いつのまにか間違われている水道水認識

あなたも思っていませんか?
水道水は有害だから飲まない方が安心・・・

いつのまにかそんな考え方が心の奥の方に溜まってしまってる人、意外と多いみたいです。

一昔前は普通に水道水を直接飲んでましたよね。
そして結構おいしかった。
例えば夏場、汗まみれになって公園かどこかで水道見つけて蛇口をひねり・・・
出てきた水はキラキラ輝いていて「世界で一番おいしいのは水だ!」なんて思った経験ありませんか?
あれはまぎれもなく水道水でした。

00014-520x320.jpg

じゃあなぜ今は「飲まない方がいい」なんて思いが湧いてきてしまうのか?
私が思うには「水が売られるようになった」からだと思っています。
業界的に「水が売れるための情報操作=水道水を飲む前に成分を考えて!みたいな・・・」
があったかどうかは知りませんが、少しずつ、人は「水を買う」ようになっていきましたね。
そしてたしかに「売られている水」は水道水よりおいしい。
で、いつのまにか「飲み水は買う」習慣が定着してきた。
そのため、水道水は飲み水としては怪しいみたいな雰囲気だひとり歩き・・・

結果から言えば 水道水は普通に飲める!問題なし!
当然と言えば当然です。

昔、川から水を汲んで飲み水にしていた時代もあったわけで
その頃よりも断然、安全安心便利に飲める水道水です。
そのために発展してきた水道技術なのですから。

水道水が飲み水としては使えなかったら水道の意味がないのです。
実際に料理に使う水や食器を洗う水は水道水ではないですか?
水道水が危険なものなら料理や食器洗いにも使わない方がいいですよね。

皆が問題に考えているのは「カルキ臭」=塩素ですよね。
「塩素成分が体内にはいるなんて、まるで毒素を入れているようなもんだ」
という思いですよね。

確かに塩素成分は「殺菌・消毒」効果がありますので、それは生体に対してはよくないものでしょう。
けれど、日本の国ではその塩素分がいくら濃度が他の国よりも高いとはいえ
体に有害な影響を及ぼすような水道はないと考えて構わないでしょう。
逆に他の国の水を直接飲まない方が良いと言われるのは 塩素分が薄くて殺菌消毒が
十分ではないかもしれない可能性を考えるからではないですか?
他にもあるでしょうけど・・・

水道水は直接飲んでも健康に問題はありません。むしろ安全に飲める水です

ただ、「売っている水」を飲みなれている現代人にはたしかに水道水は
お世辞にも「おいしい」とは感じれないかもしれません。
その場合は当ブログの「水道水をおいしくする方法」を参考にしてみてください。
また「浄水器」を蛇口に取り付けるのも「水道水をおいしく飲む方法」ですよね。
浄水器を取り付ければ「カルキ臭」はほぼろ過されますから。
「売っている水」と同じ感覚で飲めるようになります。

浄水器についてはこちらを参考にしてみてください。
マイナスイオン浄水器についてです。
超高濃度マイナスイオン水
0419-520x345.jpg







【関連する記事】
posted by CHISATO at 20:32| Comment(0) | 水道水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。