2015年09月21日

運気を上げる! マイナスイオン水!

あなたはマイナスイオン水をご存じだろうか?
あなたは「水」があなたに与える影響を考えたことがあるだろうか?
そしてマイナスイオン水は実は簡単に手にすることができてしまう事実をあなたは知っているだろうか?

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_m.jpg

マイナスイオン水は体に調和する水
科学的な話については 興味があればググって調べて頂くとし、
ここではマイナスイオン水の効果についていくつか羅列していく。

マイナスイオン(水)が体に浸透していくと次のような効果を大いに期待できる

・細胞を活性化させ自然治癒力を高める
・体の酸化(老化)を抑え、体力・免疫力も上げる
・血液に入ると 活性酸素に電子を入れて活性酸素を無害なものにする
・全身とも 細胞レベルでの栄養素と排出物の交換をスムーズに行われるようにする
・水の吸収力も良くなり、どんどん体の中に補給されてゆく 
・内臓の有害物は細胞の中に溜まっていくが、それを追い出していく水分代謝や老廃物の交換を促進する。
・コレステロールを溶かす力により、高血圧や血栓も防ぐ、
また血管を本来の広さに戻し、かつ血液をさらさらにする
・老化と発ガンなど病気の引き金になる活性酸素を消去する酵素の力を強める


このように数え上げたらいくらでも出てくるほど、マイナスイオンの力は計り知れない。

生命体の細胞は常に交換されている
体組織のタンパク質は、古いものと新しいものとが交換する一定の期間があり、
老化したタンパク質や細胞は、新しいものと交換しなければならない。
よって、生命体に調和する水を摂取して、体全体のタンパク質の代謝を活性化させることで、
みずみずしい肌を保つことになる。代謝が活発に進行していなければ、肌は美しくならないのである。
不要な古細胞は垢になり排出されるが、その細胞の活動を活発にするためにも
「いい水【マイナスイオン水】」を体内に入れることが大切であることも知られている。

髪の毛の生え代わりの活性化
年齢が若いほど髪の毛組織中の水は結合水のみになっているが、加齢するにつれて自由水が多くなってゆく。自由水は蒸散しやすい特徴を持つ。つまり加齢した人の髪の毛はパサつくようになる。
マイナスイオン水はその浸透の良さもあり、髪の水分保有にも有効であると考えられている。
平たく言えば髪に潤いを保つ分、抜け毛防止にも役立てるということ。

老化進行をなだらかにしてゆくマイナスイオン水
子供の体内は70%が水分、大人になると60%が水分というように、
加齢するに従い体内水分の比率は低下していく。
よって老化とは「体内水分」の減少のことでもあると言える。
つまり生命体に調和する水は、いったん細胞組織中に浸透すると、
かなか抜け出さないので、細胞組織をみずみずしく保つと考えられる。
したがって、生命体に調和する水を飲み続ければ、老化をなだらかにしてゆける。

血液は生命体の幹線。そこにマイナスイオン水を取り入れる
血液は、生命体の幹線であるとも言える。
血液の82%は水である。つまり「水は生命体の幹線である」 あるいは「水は生命のみなもと」と言える。
ということは、水が生命体にとっていかに大切なものであるかである。
血圧が高い場合、血液の粘度が高くて、血液が血管中を順調に流れない。
そこで、人体は、血流を良くしようと圧力を上げていく。これが高血圧。
高血圧の人が、健康にいい水に変えると、
2週間目ぐらいで血液は粘度の低いさらさらな状態に変化させてゆく。
そして 血液は流れやすくなり、血圧は正常に戻ってくると考えられる。

すべての病気の90%は活性酸素が原因で起こると言われる
活性酸素が原因で起こる病気には、ガン・アトピー性皮膚炎・白内障・糖尿病・動脈硬化症・肝炎・
胃炎・自己免疫症・放射線障害・坑ガン剤の副作用・食品添加物・農薬・抗生物質などによる複合感染・
脳障害など多くある。
また、シミ・シワ・そばかす・肌荒れ・花粉症・肩こり・冷え症・痴呆なども
活性酸素が関係しているらしい。
プラスイオンが強くなると活性酸素が増大。血液・体液が酸性に傾き、
特に生命活動に重要な役割を果たす免疫力が低下する。
それで、栄養素を取り入れにくくしてしまい、老廃物や炭酸ガスを出すことが難しくなる。
つまり体内に毒素が溜まる。
マイナスイオンは、酸化物質を中和し、アルカリ性に傾けるので、
酸化した細胞を弱アルカリ性 に導くことができる。
そして、細胞に酸素と栄養成分を十分に吸収させ、各細胞の機能が活発となり、
本来ある自然治癒力が高まる。

認知症も血流の乏しさから?
認知症と診断された人たちの脳組織をMRI で観察すると、共通する症状がある。
脳組織の水分が減少して萎縮している、また血管内を血液が流れていない部分があるか、血流が乏しい。
脳内の血流が乏しくなることから、物忘れが始まる。
ならば、細胞と結合する力の強い水を脳組織に送り込み、
油分を溶かす力のある水を飲んで血液をサラサラにすることである。
体にいい水・脳にいい水 を飲み続けたら?症状改善に役立つことはお分かりになるであろう。


トルマリンが水道水をマイナスイオン水に変身させる
水道水にトルマリン石を入れるだけ。
それだけで、水道水の塩素は減少、弱アルカリ性でミネラルが豊富なマイナスイオン水を作る事ができてしまう。

トルマリンを構成しているミネラル元素が水の中に溶け出すので、それが体によい影響を与えるであろう。
またトルマリンを作用させると、塩素イオンは安定化塩素になる、そ
のため活性刺激が軽減し、カルキ臭や不快味、ノドを刺すような刺激を感じなくなる。
それでも殺菌作用が失われることはない。
ミネラルが体内に吸収され、細胞に作用するには、液状でイオン化していなくてはならない。
マイナスイオン水でミネラルを摂取することは、栄養学的にも有効と言える。
小さな水の分子が細胞のすみずみまで行き渡れば、
それだけ呼吸や代謝に必要な酵素や栄養素を効率よく補うことになり、細胞交換の活性化に拍車がかかる。
そしていい水は嫌な臭いとか、塩味、渋味がなく、むしろ甘く感じ、おいしい。

マイナスイオン水は「生命の調和水」
マイナスイオン水を飲んでいる人の感じている、健康効果で一番多いのが、
「尿や汗が良く出るようになった」「便秘が解消した」「肌がスベスベになった」 というもの。
マイナスイオン水が脂を溶かしだ作用の結果であると言える。
日本の名水といわれる湧き水も、火山で形成された火成岩の岩盤から、湧き出ている場合がほとんど。
そこには鉱物が多く含まれていて、その鉱石から随時マイナスイオンが放出されている。
それがおいしくて健康的な天然のマイナスイオン水になっている。
しかしマイナスイオン水は、殺菌や医療目的に使われる機能水ではない。
地球上の生き物に最も適応する 「生命の調和水」 である。

7384974.jpg
未病のうちから手を打つ!
TV等で「未病」という言葉を聞いたことがあるだろう。
まだ症状はないが、もしかして病気へと進んでいく道を歩いているかもしれない状態が「未病」とも言える。この「未病」状態は「運気下降の道」にいるとも言える。
なぜなら、「運気上昇」の基盤中の基盤は「健康」であることから始まるからである。
ただ、現代人はどうしても不安定な生活リズム、
不摂生な食習慣と向き合わざる得ない状況にいることも多いかと思われる。
特にアラフォーと呼ばれる我々の年代は特に注意しておきたい。しかも、シングルでいる方なら尚更である。今はまだ無理が効いてもいずれ「アオリ」が出てきてしまうかも・・・
実はあなたもその状況下なのではないか?
もしそうなら、急に生活習慣を変えることはできなくても、是非取り組んでおきたいこととして、
この「水分摂取」方法の改善を強くお勧めしておく。
毎日手軽に飲む水で、体質を整えておくのである。
そうすれば、病気になりにくい身体を創れる。
病気になってからの「後処理」は苦労もするし、心も身体も辛い。
それなりの出費も当然考えられえる。

それに比べれば、今の内からの「事前処理」の方が、楽だし、気楽に取り掛かれるし
出費だってそう多くはかからない。
未病のうちから手を打つ!
あなたの運気を守り上げていくには大切な要素になる。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK82_gannbattekudasai1039-thumb-1000xauto-16582.jpg

トルマリン石による「水道水」のウォーターサーバー化!
ミネラル天然水というと、コンビニ等で買うペットボトルや家庭に置く「ウォーターサーバー」もある。
ただもっと簡単で手軽で生活リズムに溶け込みやすい方法は
「毎日使う自宅の水道水をマイナスイオン水」にしてしまうことである。
しかもさほど手間もかからず簡単にできてしまうというなら「一見の価値あり」である。

超高濃度マイナスイオン水


水.jpg


蛇口に「清水器」を取り付ける形式である。
まあ、水道の「蛇口」の形状によっては取り付けが難しい場合もあるようだが、
ほとんどの「蛇口」は対応可能であろう。
わざわざ工事をするほどでもなく、説明書片手に自分で取り付けられるものである。
つまりそんな大それたものでもないということ。「手軽さ」といえばしっくりくるだろうか。

HPの金額を観てもわかる通り、この「清水器」は、ウォーターサーバーと比べても、
10カ月も使用すればかえってサーバーを使い続けるよりも安くなることがおわかりになると思う。
(もちろん個人差はあるが。)

あなたがご自身の「健康」と「運気」を守ろうと本気で考えている方であるなら
是非、下記のHPを確認してみるとよい。




滝.jpg
posted by CHISATO at 20:16| Comment(0) | おいしい水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。