2015年09月16日

どっちがお得? ウォーターサーバーと浄水器

さて、どっちがいいと思いますか?

早速検証してみましょう。

waterflow1_m.jpg



スペースではどっちがコンパクト?
・ウォーターサーバー・・・床置き型が主流。卓上型でも30cm四方スペースは必要。
             高さも100cm前後。
             ボトル(空ボトルも含め)保管の場所も要。
             そしてボトル交換時、重いので結構な労力要。
・浄水器      ・・・蛇口取り付けやビルトイン式のため設置スペースはコンパクト。 
             ボトル保管ももちろんいらない。
※スペース節約では「浄水器」に軍配。

味と安全性
・ウォーターサーバー・・・元々「飲み水専用」としての水なので、天然水・ミネラルウォーター等
             味は水道水よりおいしい。もちろん体に良くない不純物は取り除かれている
             よって安全性も心配はなし。
・浄水器      ・・・水道水のカルキ(塩素分)等はろ過装置により取り除かれるので、安全性は
             心配なし。しかし、味は水道水。
             また、ろ過装置(カートリッジ等)はある程度経過したら交換は必要。
             目詰まり状態のろ過装置を使用し続けると、それまでの蓄積していた
             不純物までが混入してくる可能性もある。


コスト

・ウオーターサーバー・・・サーバーレンタル代金は0〜500円/月ぐらい。
             ボトル(水12L/1本)×2本=3,000〜3,500円/月
             他にサーバーの電気代がかかります。
             年間コストは40,000円前後+電気代
            
            (ただし、業者により上記以外に年に1〜2回サーバーメンテナンス料金が
             かかるところもある)

・浄水器      ・・・(初期設置費用が蛇口取り付け型は数千円、ビルトイン式なら十万円ぐらいまで
             幅広いので、ここではひとつ例をとり比較してみます。)
             マイナスイオン浄水器(/横浜商会)の場合
             初期費用(本体設置)=32,400円
             カートリッジ=4,860円
             アダプターリング=1,080円
             合計38,340円+水道代
             但し、初期費用は当然ながら取り付け時のみ、カートリッジ交換は
             約6年に1度。
             そうなると2年目以降は水道代のみでコストはほぼかからないと言える。
             (通常、浄水器は1年に1度ぐらいのペースでカートリッジを交換するタイプが
             多いようです。)
※コストについては、マイナスイオン浄水器が断然安くなる


このようなことが言えると思いますが あなたはどれを選ばれますか?

マイナスイオン水とは?
超高濃度マイナスイオン水


faucet2_m.jpg

posted by CHISATO at 23:17| Comment(0) | おいしい水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。